業務用無線をはじめとする電気・通信の事なら田中電気株式会社



動態管理システム




1・IP無線機の搭載されているGPSを使用し、事務所から地図ソフトの
  搭載されたパソコンを使用し無線機の位置を把握することできます。

2・車両などに無線機を搭載しておけばその車両が何処を走っているか
  何処まで配送が済んでいるかなど配送状況などを確認することができ
  業務効率向上にお役立ちいたします。
  また走行履歴を確認できる為、運行管理などにも利用することができます。

3・また、エマージェンシー機能があり無線機を搭載した車両に
  非常事態が発生した場合、事務所側へ緊急通知を行うこともできます。
  その際、通知を行った場所を地図上で把握することができ、非常時の対応も
  即座に行えます。


標準でGPS機能の搭載
  • 配送トラックの業務ごとに表示グループの設定が可能
  • 配送センターなどの重要拠点の地図切替が可能
  • テンキーによるトラックの呼び分けが可能
エマージェンシー機能
  • PM-IP500 に、エマージェンシー状態の通知が可能
  • 病人や事故などの時に、対応スタッフが、エマージェンシーキーを押すと発生位置を 特定して、対応。

インカム連携システム

  • テレビ局などで使用されている、インカムシステムと連携することができ、 現地にインカムシステムを用意しなくてもIP無線機を持って行けば、生放送 での現場連絡や指示を伝えることができます。 最近、多くなってきたモバイル 中継などでも活躍ができます。


IP無線×簡易無線連携システム

こんなお悩みはお持ちではありませんか?
  • 簡易無線を持っているが、届かないエリアがある。
  • 新しい無線機を購入したいが、せっかくある無線機も流用したい。
  • 敷地の外に出ても無線機で連絡を取りたい。

そんな方にお勧めなのが…IP無線×簡易無線連携システムです。

IP無線×簡易無線連携システムとは

  • 簡易無線を使用されている範囲で、電波が届かず連絡が取れない場所などで、IP無線と連携することにより不感地帯を無くします。
  • また、既に活用されている簡易無線を無駄にせず、簡易無線をそのまま利用することが出来ます。
  • 敷地内だけでなくIP無線を外に持っていくことで利用エリアで話している内容を聞き取り、外から指示を出す事も可能です。

こちらの商品は弊社ショールームで実際に体験する事ができます。
←ショールームページはこちらへ


TOPに戻る