業務用無線をはじめとする電気・通信の事なら田中電気株式会社

IP無線活用事例 熊本県八代市様

スマートウェーブ・テレコミュニケーションズ株式会社様HPより引用
山間部でも災害時でも、ワンプレスで情報は即座に伝わった!!
< 災害対策本部ご担当者様のお話 >
本年2月にSK-2000を支所間通信として10台購入し運用していた。
地震発生時初動対応から、山間部等にある支所との連絡もクリアな通信が途切れることなく 使用でき、災害の情報収集の最も重要な通信手段となった。
30台を借り受け、現在も災害対策本部の重要な通信手段として情報共有に欠かせないアイテム となっている。

詳細はこちら
http://smartw.co.jp/news/

スマートウェーブ・テレコミュニケーションズ株式会社の「熊本地震における非常時通信の確保に対する支援」はこちらから PDFダウンロードできます。

PARC飛行の成功を支えたSmartWave!

東京の某マラソン大会にて、有線ドローンPARCを警視庁からの要請でビックサイト近くの沿岸部から飛行させる際に、連絡通信で活用したのが「SmartWave」というIP無線機でした。
IP無線機であるSmartWaveは免許不要で、回線はNTTドコモ3Gプラス・4Gパケット公衆モバイル通信網を利用しているので、建物内でも地下でも全国で連絡通信が可能です。

当日芝浦の埠頭でPARCの準備をしている際の連絡も、ゴール方向へ向かっている地下鉄のホームでも聞き取ることができました。
大会中はSmartWaveでPARCの飛行高度や撮影対象の指示をゴール付近の担当者と台船の担当者とで利用し、スムーズに行うことができました。
PARC飛行の成功を支えたのはSmartWaveでした。