業務用無線をはじめとする電気・通信の事なら田中電気株式会社



導入事例一覧


北区役所様 朝倉運輸様 秩父鉄道観光バス様
コンドルタクシーグループ様 近日公開 近日公開



会 社 名:東京都北区役所 危機管理室防災課 様
業  種:自治体
導入機器:iCOM IP501H 3台
     iCOM IP500H 3台

【東京都北区役所様】

防災課に5台、北区防災センターに1台置いています。
お話を伺った危機管理室防災課の山下様。


災害時は、防災課からIP無線を持って現場へ向かいます。

【北区】
北区は東京23区の北部に位置し、総人口348,381人。(平成29年11月1日現在)
JRの駅の数は都内最多の11駅。
JR山手線、JR京浜東北線、JR埼京線、東京メトロ南北線、都営三田線、都電荒川線と、多くの交通が行き交うロケーションです。


【IP無線導入のきっかけ】災害発生時、瞬時に情報共有するため
山下様:
防災課は災害対応も業務の一つで、火災などが発生した際は現場へ向かい、消防・警察・町会と連携して被災された方の対応をします。
業務連絡には携帯電話を使用していましたが、携帯電話は1台1台のやり取りしかできず、また急いでいる時も車を停車し連絡しなければいけませんでした。
携帯電話以外には小電力のトランシーバーや防災無線もありますが、通信距離やビル影など実際の現場では繋がらない場所も多く課題がありました。一斉連絡ができ、どこでも通信できる手段の必要性を感じていました。



【導入の効果】災害発生時の円滑な情報共有を実現
山下様:
一度に情報共有できることが最大のメリットです。情報は待っていても得ることはできないため自分で取りに行かなければなりませんが、知り得た情報は一人で持っていても意味がなく、情報共有が災害対応の基本だと思っています。
火災現場の最新情報をいち早く連絡することができ、住人の人数・在宅か不在か、そして被災された方が一時的に宿泊する場所の確保など、迅速な対応が可能になりました。
通話エリアも拡大し、使い勝手の良さを実感しています。


【防災運動会の運営にもIP無線機が大活躍】
山下様:
平成29年11月12日に、区立西ケ原小学校と西ケ原みんなの公園で、「防災運動会」を開催しました。「防災運動会」は大声コンテストや防災バケツリレー、消防車との綱引きなど様々な競技を行います。気軽に楽しみながら防災について関心をもち、地域の防災訓練へ参加してもらうための北区独自の試みで、当日は850名の方にご参加いただきました。
広大な会場でのスタッフ同士の連絡にIP無線機を利用し、各現場とスムーズに連絡を取り合うことで無事終了することができました。

このように災害時だけでなく普段の業務においてもIP無線機をご活用いただいています。


TOPに戻る


会 社 名:朝倉運輸株式会社様
業  種:運送業
車両台数:12台
導入機器:iCOM IP500M
導入年月:2017年9月

【朝倉運輸様】
今回お邪魔した東京都品川区にある大井事業所。
一般貨物自動車運送事業を目的として平成20年2月に設立されました。
現在、群馬県前橋市に本社を置き、北関東圏に強みを持つ運送業者として東京、横浜を拠点に関東圏及び東北、中越方面に向け安全迅速な海上コンテナ輸送業務を展開しています。

IP無線機の導入で輸送効率の向上と社員の一体感が生まれました。


【IP無線導入のきっかけ】
携帯電話は運転中の連絡や一斉連絡ができず不便でした。
車両との連絡手段に携帯電話を使用していましたが運転中はもちろん、一斉連絡もできない為不便に感じていました。
車両の位置情報の把握もできないので、事務所や他車両との連携も取りにくい状況でした。
近年のコンテナ輸送業界は、コンテナターミナル内外及び周辺道路の恒常的な混雑渋滞により輸送効率の悪化が続いています。
顧客からはより迅速且つ安全に定時輸送を行うことが求められています。
顧客の要望に応え、輸送効率の向上と安全な定時輸送を実現する為にIP無線を導入しました。


【導入の効果】
輸送効率が向上し、さらには社員の一体感が生まれました。
IP無線機のGPS機能でモニタ上にドライバーの位置情報が正確に表示できるようになり、もうすぐ事業所に戻ってくる車両の整備の準備など早め早めの対応ができ、先手を打てるようになりました。
より効率的な配車が実現し、ここまで仕事の効率が上がるとは思っていませんでした。
予想以上の効果です。(停車中か運行中かもモニタで確認できます。)
遠方の車両とも通話の品質が良く驚いています。ドライバーからの評判も良いです。
また、全車一斉連絡で各地の道路情報やターミナルの混雑情報をドライバー間で共有することで、会社としての一体感が生まれました。
皆で一つの目標に向かってやろう!という意識が強く感じられるようになりました。

TOPに戻る


会 社 名:秩父鉄道観光バス株式会社様
業  種:運送業
車両台数:25台
導入機器:SmartWave IP無線システム

【秩父鉄道観光バス株式会社】
秩父鉄道株式会社グループの秩父鉄道観光バス株式会社様は、埼玉県熊谷市に本社ある観光バス事業者です。
全国の観光地をはじめ、イベント、札所巡り等の輸送を行っています。
また、「貸切バス事業者安全性評価認定制度」で2016年9月30日に最高ランクの三つ星を取得し、安全確保に日々取り組まれています。
安全確保の一つとして、弊社よりIP無線機を昨年導入いただき、業務連絡でご活用いただいています。

【IP無線導入のきっかけ】
当初、業務連絡に携帯電話を使用していましたが、走行中は使用できず、また個別に連絡を取らなければいけない為、不便に感じていました。
通常の業務連絡はもちろん、震災時やバスジャック、事故等の非常時にもどこでも一斉に連絡ができるものを探していました。

【IP無線導入後の変化】
最初は少し戸惑いましたが、すぐに慣れました。
ツアーによってバスの台数が異なるため、無線機の設定でグループ変更して活用しており一斉通信で業務連絡がスムーズになったため今までできなかったことができるようになりました。
例えば、駐車場の混雑状況や渋滞情報等を後部車両に共有できるようになり、安全確保にも繋がります。
また、GPS機能で運行中のバスの位置情報を営業所で確認できるので、車庫への戻り時間に合わせて、整備・清掃の準備が無駄なくできるようになりました。
お客様が安心してご乗車いただけるように、全社一丸となって安全運行に取り組んでいきます。

TOPに戻る


会 社 名:コンドルタクシーグループ様
業  種:運送業
車両台数:291台
導入機器:Softbank IP無線システム

【コンドルタクシーグループ】
杉並、練馬、板橋、馬込に営業所を持ち、東京23区・西部を中心に活躍されています。
業界初の『マイレージカード』でポイントの貯まるサービス(会員数3万件超)や長距離になる程お得な『3段階遠距離割引』など、独自のアイディアで東京一の配車率に力を入れています。


タクシー業界で日本初となる、ソフトバンク社の携帯電話回線を使用するIP無線システムを弊社より導入していただきました。

【IP無線導入後の変化】
起伏の激しい土地で無線不感地帯が多く、配車が滞ることがありましたが、IP無線システムは携帯電話のネットワークを利用しているので、圧倒的にエリアが拡がりました。
このシステムの凄さを実感したのは東京に大雪の降った2月14日で、夜7時前に1000件の無線に応答したのは初めてでした。
それだけ送受信レスポンスが早いです。

TOPに戻る